中央区日本橋人形町の鍼灸・整体治療院「人形町いとう治療院」のホームページです。人形町駅・水天宮前駅から至近。腰痛、肩や首の不快感、スポーツでの痛み、自律神経失調症に国家資格保持者の丁寧な施術

自律神経失調症について

  • HOME »
  • 自律神経失調症について

身体中をめぐる神経は、体性神経(運動神経・感覚神経)自律神経に分類されます。

自律神経は自分の意思でコントロールできない、血管の収縮や内臓の働き・ホルモン調整など、

生きる上で欠かせない多様な働きを担っています。

 

朝目覚めたら血圧や体温を上げて、段々と目がさえて身体を活動モードにする。

1日を終えて帰宅したら、脈拍がゆっくりになり身体を休ませるモードに切り替わる。

自律神経失調症では、こうした無意識で行う活動が難しくなります。

 

代表的な自律神経失調の症状

・不眠症、睡眠障害

・めまい、耳鳴り、難聴

・立ちくらみ

・頭痛、くび肩こり

・動悸、胸痛

・手足の冷え

・胃痛、胸やけ、食欲不振

・下痢、便秘(過敏性腸症候群)

・慢性的な疲労

・ホルモン分泌不全

これらの症状は内臓の病気など、自律神経以外が原因のこともあります。

病院の検査で内臓などに異常がない場合は、鍼灸が有効なケースがあります。

 

自律神経失調症と鍼灸治療

身体にかかる過度なストレスを減らしていく事が治療の目標となります。

持続的にストレスを受けた身体では、経穴=ツボと重なる場所にコリなどの反応が現れます。

反応の出ているツボに鍼やお灸を施すことで、感覚が脳まで届いて身体を調整する力が働きます。

緊張したツボの周りを緩める場合、マッサージでも近い効果があります。

鍼灸をおすすめする理由は、日常で感じない不慣れな刺激を加えることで、脳ー神経の活性化を促し、

治癒力やバランス調整能力(ホメオスタシス)の安定を狙うからです。

ホメオスタシス

恒常性(こうじょうせい)と訳され、身体の内部環境(体温やイオン濃度など)を一定に保とうとする働きの事。

予約・問い合わせはこちら TEL 03-6883-3598 月-木 10:00-20:00 土 10:00-18:00

PAGETOP
Copyright © 鍼灸 整体 人形町いとう治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.