季節の変わり目は、自律神経が失調しやすい?

季節の変わり目は真っただ中!毎日の気温変化が大きいですね。

3月になってから最高気温が20度を超える暖かい日も何日かありましたが、今週では水曜日と木曜日が最高で10度に届かない肌寒い気候でした。

三寒四温とはよく言ったものですね。

三寒四温(さんかんしおん)

冬季、三日間ぐらい寒い日が続き次の四日間ぐらいが暖かく、これがくりかえされること。

元々は冬場の気候の事を指していたが、最近は春先の気温の変化が大きな時期に言われることが多い。

人間は内臓など体内の温度を一定に保つ恒温(こうおん)動物です。

外が寒いと体を震えて体温を上昇させたり、熱い時には汗をかいて熱を下げる仕組みがあります。

体の中で起こるそのような調節は、意識して考えなくても自律神経が勝手に行っています。

今の季節のように外が寒かったり暑かったりすれば、自律神経はかなり忙しく働いているのですね。

そんな働きっぱなしの自律神経が疲れてしまい、うまく働くなってしまう症状が自律神経失調症といえます。

特にこの時期、冬から春への季節代わりに患者さんたちと接していると、自律神経の調子を崩している様に思える方が多い様に思います。

・頭痛

・耳鳴り

・めまい

・不眠

・胃の不調

・過敏性腸症候群

・うつ

上記の様な症状を潜在的に抱えている方で、この時期に調子を崩される方も多いのではないでしょうか。

 

症状の解決のために鍼灸治療を求めて来院する方も多いです。

症状が少し出始めまたは違和感程度など、早期のうちに治療を開始できることが望ましいのですが、生活に支障が出るようなほど困っている方も、できるだけ早く何らかの対策を開始して欲しいと思います。

鍼灸治療は自律神経のバランスを整えることに非常に有効です。

一度ですべてが解決できるとは言えませんが、お役に立てる可能性はあると思っています。

 

生活スタイルを見直して、自分でできることも並行して行うことも、治療を受けるのと同じくらいに大切です。

前回のブログでも書いたウォーキングは、体調を整えるのにも適しています。

そして疲れていると実感している時こそ、睡眠や食事などのリズムを規則正しく変えていくことが求められます。

 

年度末で忙しい中ではありますが、体調管理は一番の優先事項です。

季節の変わり目のアンバランスな時期を、元気に乗り越えましょう!

 

======================================

【東京都中央区 日本橋人形町・水天宮前の鍼灸・整体治療院】

鍼灸 整体 人形町いとう治療院

肩こり・腰痛・自律神経失調症・ランニング障害でお悩みの方が大勢いらしています

東京都中央区日本橋人形町1-10-5 富士ビル2階

TEL 03-6883-3598

http://www.ken-hari.com

予約・問い合わせフォームより24時間受付中

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です