漢方カウンセラーとの連携

からりとした初夏の気持ちいい季節は僅かばかり。

最近は蒸し暑い日も増えて、梅雨シーズンを予感させます。

さて、この度当院では漢方カウンセラーの先生と連携することとなりました。

鍼灸・整体の治療にプラスして漢方薬も飲んでみたいと思う方に、信頼できる薬剤師さんを紹介します。

身体の外からにプラスして中からも治療できれば、より効果も高くなることを期待しています。

 

紹介するのは「わたし漢方」さん。

SNSのLINEを使って漢方相談を行い、自分に合った漢方薬を送ってもらえるシステムです。

本格的な漢方薬を気軽に利用できるのがウリです。

ネット上で完結するので来店不要・価格が一般的な漢方薬局よりも手頃です。

当院の様な提携治療院からの紹介だと、さらに優待価格で購入できます。

担当薬剤師の方とお話しましたが、とても誠実な方で考えもしっかりしていて、安心して当院の患者さんにもお勧めできると感じました。

 

日本では鍼灸治療ができるのは鍼灸師、漢方薬を出せるのは薬剤師に限られています。

一方中国・韓国などの漢方が盛んな国では、中医師・韓医師が鍼灸と漢方薬の両方を使ってトータルで治療するのが一般的です。

東洋医学が普及しているアメリカでも、州ごとの試験で鍼灸師の資格を取得すれば同時に漢方薬も処方できるようになります。

日本のように鍼灸と漢方が独立した存在のように分かれている方が、世界的に見れば珍しいのです。

私は専門学校で師事した中医学の先生が、薬剤師と鍼灸師の両方の資格を持っていたので、鍼灸の授業の傍ら漢方薬の知識を教えてもらったり、課外授業で漢方薬の知識をより専門的に学んだりしてきました。

けれども漢方に対する知識は決して十分ではないし、お薬を扱う資格もありません。

日々の臨床の中で、漢方薬と鍼灸を併用したらもっと良いかも!と思う患者さんと出会い、患者さん自身も積極的に漢方をトライしてみたい時に、スムーズに漢方薬の先生を紹介できるようにしておきたいと思っていました。

 

漢方と鍼灸を併用した方がいいと思う代表的な疾患は婦人科疾患です。

月経不順・PMS・更年期障害、さらには当院でも訴えの多い不妊症も含まれると思います。

その他にも冷えやアレルギーなど、本格的に体質改善をしたい人にはぜひおすすめです。

詳しくはお気軽にお尋ねください。

当院に資料も置いてあります。

 

======================================

【東京都中央区 日本橋人形町・水天宮前の鍼灸・整体治療院】

鍼灸 整体 人形町いとう治療院

肩こり・腰痛・自律神経失調症・ランニング障害でお悩みの方が大勢いらしています

東京都中央区日本橋人形町1-10-5 富士ビル2階

TEL 03-6883-3598

http://www.ken-hari.com

予約・問い合わせフォームより24時間受付中

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です